Race

レースに関する記事

第53回青梅マラソン

開催回数53回を数える伝統の青梅マラソンに今年も参加して来ました。前半上り基調で後半下り基調のハーフよりは長めの30kmです。フルに挑戦するほど根性の無い私にはピッタリの距離です。

昨年から最寄り駅の河辺ではなく、一つ前の小作駅から、受付会場の河辺小学校へ行くことにしています。河辺駅の混雑を考えると、時間的にはそんなに変わらないような気がします。

当日受付の受付時間は8:30~10:30でしたが、受付会場の河辺小学校には9:50分に到着しました。スタート時間は11:30なので、比較的のんびり準備出来ました。2月17日は北風が強く、風が当たる場所では少し寒く感じますが、日向は暖かく感じ、体感温度に差がありました。風の当たる場所で準備をしていた私は、ランニングシャツに膝丈のスパッツ、アームウォーマーにランニング用のグローブというウェアの選択をしました。河辺小学校の隣の速川公園でトイレを済ませて、11:00にスタート地点に向かいました。スタート地点までのんびり歩いて10分。早めに整列して11:30分のスタートを待ちます。そしてスタート。目標は4分25秒/1 kmペース。上り基調の前半は少し抑えて、下り基調の後半はそのペースを維持するという作戦でした。本当は後半ペースアップしたいのですが、下りのスキルが未熟なので思ったようにスピードを上げられないからです。

11:30にスタート。集団がバラけるまで最初の数㎞は予定のペースよりも遅くてもガマン。5 kmを過ぎると集団が安定して来ます。上り基調ですが、時々長い下りがあると、下りの速い選手に抜かれてしまいますが、焦らずに自分のペースをキープします。約15 km上りだからなのか、思った以上に暑く日陰が心地よく感じました。15 km弱で折り返し15 km通過が1時間7分。2時間15分切れるかな?と淡い期待を抱きましたが、後半は苦手な下り基調。なるべく大腿四頭筋でブレーキをかけない様に、スピードを落とさない様に走りました。時刻が13:00くらいになると、気温も上がり暑くなって来ました。暑くて少しペースダウン。アームウォーマーを下ろしているだけでは暑くて、グローブも外してアームウォーマーの中にしまって走ります。下り基調の復路の中にも斜度のある上りが2カ所あります。そこを超えて青梅市街に戻り最後の5 kmはガマンガマン。最後の1kmは少し上げてゴール。ゴールタイムは2:17’36(NET TIME 2:16’37)。2018年よりも2分早くゴール出来ました。「青梅の復路はこんなに下っているのか!!」と実感出来るくらいの余裕があるレースでした。また来年も参加したいと思います。

Vapor Flyを履きこなせない私はZoomfly Flyknitを履いて走りました
心拍センサーも塩を吹いていました

最終コーナーからゴール地点へ

2月22日は15時閉店になります

2月22日(金曜日)は大会サポートの為、15時閉店となります。また2月20日(水曜日)は定休日になります。よろしくお願いいたします。

第5回青葉区民マラソン

第5回青葉区マラソン

11月25日(日曜日)は、第5回青葉区民マラソンに参加しました。青葉区民マラソンも今年で5回になり、2016年は600人、2017年は800人と毎年200人ずつ増えて2018年は定員が1000名に増えました。1週間前に川崎国際多摩川マラソンに出る予定でしたが、直前のペース走で右のフクラハギに痛みが出てしまいDNS(Did Not Start)。おそらく軽い肉離れ(筋断裂)。フクラハギに痛みがあり走れない期間はバイクとスイムとウエイトトレーニングを行い、なるべくフィットネスが落ちないようにしました。治療は自分で鍼を打つか、セルフマッサージとアイシング。受傷2日後からカーフレイズを開始。ランニングの再開は受傷3日後から。私見ですが、筋断裂のレベルにもよりますが、完全休養させるよりも、痛みの様子を見ながら痛みの出ない範囲で動かし続けている方が回復が早いでしょう。また、エアロバイク等で有酸素トレーニングを続けて筋血流量を増やすことも効果的だと思います。タイムはというと2週間トレーニングレベルを下げたこともあり、昨年と同じ4分3秒/1kmぺーすで40分32秒。40分は切れるかと思いましたが、現実はそう簡単にはいきませんね。来年は40分を切りたいと思います。因みに、男女ともに優勝者は真っ赤なNIKEのヴェイパーフライ4%フライニットを着用していました。

 

 

交通規制された上麻生線

11月28日は定休日です

11月28日(水曜日)は定休日になります。よろしくお願いいたします。

第14回チームケンズカップトライアスロン駅伝

トライアスロン駅伝に参加して来ました

7月22日は沼津千本浜で開催された「第14回チームケンズカップトライアスロン駅伝in 沼津」に参加して来ました。スイム(1走のみ750m、2・3走は500m)→バイク(20km)→ラン(5km)を3人でリレーするトライアスロン駅伝です。駿河湾に面した千本浜海岸は潮の流れが速く、過去の大会でもスイムが中止になることが多い大会です。そして今年も私が走った3走はスイムが無くなりバイク20km→ラン5kmになってしまいました。バイクは風が吹いて気化熱でそれほど暑く感じないのですが、ランニングは暑くて辛い5kmでした。結果は総合12位、混合の部で3位でした。4位と5秒差でしたが、ギリギリ逃げ切れました。(⇒結果はこちら


7月25日は定休日です

7月25日(水曜日)は定休日になります。よろしくお願いいたします。

 

第52回青梅マラソン

青梅マラソンに参加して来ました

2月18日(日曜日)は、第52回青梅マラソンに参加して来ました。青梅マラソンは過去に何度か走ったことがありました。30kmほぼ上りと下りしかないタフなコース。前回エントリーした2014年は大雪で中止。最後に参加したのは2013年なので、5年ぶりの参加でした。レースのエントリーが2017年の9月下旬。約半年の準備期間がありましたが、1月14日のフロストバイトロードレースで右足首を捻挫してしまって1月後半はほぼ走れませんでした。走れない期間は、持久力を維持する為にロードバイクのトレーニングは継続しました。またウエイトトレーニングも通常通りに行えたのでいつもより重めの負荷で行っていました。ランニングを再開したのは、2月になってからでした。当初は1月後半から20km以上を続けて走るトレーニングと上り下りの対策をしようと思っていましたが、ほぼ出来ませんでした。スタート前から後半苦しむだろうな、ということは想像出来ました。足首は違和感がありますが、痛みはほぼなくなったので、折角エントリーしたので出ることにしました。もし途中で足首が痛くなってリタイアする場合も、青梅マラソンのコースはJR青梅線と並行しているので電車でスタート・ゴール地点まで戻れるのでゴールまで自力で戻らなければならないという心配はいりません。目標ペースは4分30秒/1kmでゴータイムは2時間15分に設定しました。15000人も参加するレースなので、スタート地点まで約1分。それから集団がばらけるまで約3kmは遅めのペースで走りました。往路は上り基調なので無理をせずプラン通り1km4分30秒ペース付近を走り、下り基調の復路を1km4分25秒ペースくらいで走り遅れた分を回収しようとしましたが、下りの技術がなくどんどん大腿四頭筋を酷使してしまいました。ペースは上がらず。最後5kmはガマンガマンで走り切り2時間19分で無事完走出来ました。青梅マラソンは、ほぼ上りと下りしかなく大変なコースですが、来年もまた出たいと思います。

2019年の記事はこちら

青葉区民マラソン2016

今年も開催されます

3回目を迎える青葉区民マラソンが今年も開催されます。コースはほぼフラット、着替え等も青葉区スポーツセンターの体育館を利用できて、とても参加しやすい大会です。エントリー開始は来週7月29日(金曜日)午前0:00からです。

第三回青葉区民マラソン大会

  • エントリー方法:ランネット
  • 参加資格:1998年4月1日以降生まれの健康な方。10kmを70分以内で完走できる方
  • 定員:700名(先着順)
  • 制限時間:70分
  • 距離:10km
  • 日時:2016年11月27日(日曜日)9:05スタート
  • エントリー期間 一次募集:青葉区在住、在勤、在学の方 7月29日0:00~8月8日・二次募集:8月18日0:00~8月28日
  •  大会ホームページ→こちら

※7月30日に定員に達しエントリー終了しています。