IRONMAN 70.3 World championship2014

IRONMAN 70.3 World championship2014に関する記事。

IRONMAN ALL WORLD ATHLETE 2015

ALL WORLD ATHLETE 2015 Silver を獲得

昨年参加したIRONMAN 70.3(オークランドとモントランブラン)の成績によりIRONMAN ALL WORLD ATHLETE 2015のシルバーメダルをいただきました。シルバーの上にはゴールドもありますが、競技の中で得た知識や経験を鍼灸マッサージのみでなく、トレーニングプログラムやリハビリプログラムの作成にフィードバックして、より良い施術を目指したいと思っております。

fbpki90x

users
likes

相田家とカナダの旅その13 帰国

日本へ帰国

レース翌日。帰国の日。

soigneur_ironman70-3_worldchampionship2014_lastday-1
難なく目覚める。前日に荷物も作ってあるので、残った食料を朝御飯に食べてチェックアウト。

soigneur_ironman70-3_worldchampionship2014_lastday-3
7:30分にホテルの前でハイヤーと待ち合わせ。帰りはSUVにコンテナ。運転手さんに日本人か、韓国人か、中国人か聞かれる。日本人も韓国人も中国人の区別は見かけや言語や名前では分からない様だ。

帰りはSUVにコンテナ。運転手さんに日本人か、韓国人か、中国人か聞かれる。日本人も韓国人も中国人の区別は見かけや言語や名前では分からない様だ。

一路、モントリオールへ向かう。最初の60kmくらいは順調。カナダの車は後にナンバープレートが付いていない。

soigneur_ironman70-3_worldchampionship2014_lastday-6途中から、全然進まなくなる。事故渋滞でした。余裕を持ってスケジュールを組んであるので慌てる必要なし。問題なく到着。

時々よく分からない自動チェックインの機械。

soigneur_ironman70-3_worldchampionship2014_lastday-8

今回は成功。

バイクボックスも寸法も重量も少しオーバーしているが、超過料金無し。さすが!!クールジャパン!!とは違う。荷物検査。バイクボックスがX線の機械に入りきらず、開けて中身を見せる。一度梱包を解くと、もう一度閉めるときにこれでもかというくらいにテープを貼ってもらえるので、いい面もある。

荷物を預けてちょっとぶらぶらしていたら、シカゴ行きの飛行機の時間。

シカゴまでは小さい飛行機。レース翌日で疲れているので離陸してすぐに寝る。起きると海か湖の上。約2時間のフライトも、あっという間にシカゴ空港。

シカゴは暑い。次の飛行機まで5時間。まずはランチ。アメリカに来たらハンバーガー!!

soigneur_ironman70-3_worldchampionship2014_lastday-10

時間もあるので、アスリートらしく2時間かけて食べようということになる。無事に10分後に食べ終わる。アスリートへの道は遠い。チップにいくら払うか悩む。いっそのこといくら欲しいか言って欲しい。難しい制度だ。お腹もいっぱいになりシカゴ空港をウロウロ。

歩きつかれて、2時間くらい座って過ごす。

飛行機は17:00くらい。
ホテルを出て既に何時間経ったか分からないが、
飛行機の時間になった。
帰りの飛行機はガラガラ。

機内食と一緒にワインを飲んでXmenを見ていたらいつの間にか
寝ていた。
ロシア上空にいた。
順調すぎる。
しかし、Xmenは全く覚えていない。
もう一度見直す。
そしてまた途中で寝る。

今度起きると、みんな次の食事を食べていた。
ご飯を貰い損ねた私に
やさしいCAさんが持ってきてくれた。

次は“相棒”を見る。
行きに見た「超高速!参勤交代」にも伊原剛志が出ていたが、
“相棒”にも出ていた。
“相棒”も途中で寝る。
ほとんど覚えていない。

つまり、帰りの飛行機は快適に寝て過ごしているうちに成田に着いたのです。

成田から稲毛まで車で送ってもらい、稲毛から横浜市まで自分で運転して帰る。

無事にIronman70.3 World championship 2014終了。

今回学んだこと、3つ
1.バイクを飛行機に積むときは必ずリアディレーラーは外す。
2.ミドル以上のトレイアスロンではタイムトライアル用のバイクが必要。

以上。

それにしてもハビエル・ゴメス・ノヤは速かった!!

users
likes

ブログ更新しました「相田家とカナダの旅 その11ランニング」

ブログ更新しました。

「相田家とカナダの旅 その11 ランニング」

75km以降、バイクは坂区間へ。
インナーを駆使して上り、ダッシュで下るの繰り返し。
時速10kmくらいにスピードが落ちることも。

最後の15kmが終わりとトランジッション2へ。
最後も下りなのでシューズのダイヤルを緩めることが出来ず
バイクシューズのまま下りる。
バイクを
降りる時はボランティアがバイクを受け取ってくれました。

並んだバッグの中から自分のバッグを探して、椅子に座って
着替えて、バッグの中にヘルメットやらを詰め込んでボランティアに
渡し、ランニングスタート。
スタートしていきなり急坂。

応援もいっぱい。
ガマンして上りきると、次は下り。
下りでゴメちゃんとすれ違う。
トップだ。そのすぐ後にフロデノさん。
勝負がついたところでした。
後のフロデノさんも辛そうでした。
それだけゴメスが速いということ。
24分前にスタートしたプロMとラン1kmくらいで
19km差がついていました。

ランコースも上って下っての繰り返し。
「青梅マラソン」のコースに似ています。
昼近くなって快晴になりましたが、湿度が
低いので風はさわやか。
僕は2週間くらい前から右のフクラハギの調子が
良くなかったので、無理をせずに5分/kmペース。
それでも時々左の内側広筋が攣りそう。
涼しいけれど、水をかけたり氷をウェアの腿の部分に
挟んだりして誤魔化しながら走る。

折り返しの前で相田さんとすれ違う。
5分以上差があるけれど、スピード出してフクラハギが
痛くなると走れなくなるので、マイペース。

往きに上った坂もくだらなければならない。
結構な斜度で、大腿前側に負担が。

15km過ぎたら完走は安全圏内なのでペースを
上げようと思っていたけれど、脚が売り切れ。
相変わらず5分ペースで、ヴィレッジ内の激坂も上り
無事ゴール。

ゴール地点。

5時間1分何秒か。

うーん、時計見ながら走れば5時間切れたか。

既にゴール地点は人がいっぱい。

並んでフルーツやら、パスタやら、ジュースやらもらって
食べる。

涼しかったのとランで追い込みきれなかったので
思ったほどのダメージ無し。
フクラハギも大丈夫。
少し休んで、荷物を取りに行く。
バイクとトランジットバッグ3つ。

珍しく記念撮影。

続く、、、、、、。

 

finish1

users
likes