<結果>世界トライアスロンシリーズ2017横浜大会

南アフリカチームをサポートして来ました

5月13日(土曜日)に山下公園周辺コースで開催された世界トライアスロンシリーズ横浜大会に出場した南アフリカ代表のヘンリ・スクーマン(リオデジャネイロオリンピック銅メダリスト)とウィアン・スルワルド選手をサポートして来ました。

惜しくも4位!!

朝から降っていた雨も徐々に強くなって来る中、13時6分に男子のレースはスタート。雨天でしたが、水温が21.7度でウェットスーツは無し。例年、横浜大会ではスイムから逃げるスクーマン選手も、この日は7位でスイムアップし先頭集団でバイクスタート。スルワルド選手も同じ集団に入り周回を重ねました。2人はバイクの集団走行の中で落車に巻き込まれる可能性が低いとされる、集団前方を走行していました。しかし、スルワルド選手は、最終周にジョニー・ブラウンリー選手(イギリス・リオデジャネイロオリンピック銀メダリスト)の落車に巻き込まれてしまいました。スルワルド選手は転倒でバイクのフレームを破損しながらも、集団から少し遅れてバイクフィニッシュしてランニングをスタートしました。一方、第一集団でバイクを終えたスクーマン選手は、クイックトランジットで飛び出し先頭争いを展開。「現代スポーツは最後の20分間で勝負が着く」と言われるように、ここからが本当の勝負です。3周目、ランニングの力が1枚上手のモーラ選手(スペイン)が仕掛け差を付け、最終周ではセーフティリードを確保します。モーラ選手を追う2位グループは、ヘンリ・スクーマン選手(南アフリカ)、フェルナンド・アラルサ選手(スペイン)、クリスティアン・ブルンメンフェルト選手(ノルウェー)の3人。三つ巴のまま最終周を走り、ゴールスプリントへ。結果はブルンメンフェルト選手に3秒差で惜しくも4位。昨年コズメルで開催されたグランドファイナル以来の表彰台はなりませんでした。落車で第一集団から少し遅れてランニングをスタートしたスルワルド選手は、周回ごとに前を行く選手をパスし最終的には13位でフィニッシュしました。両選手とも横浜大会ではベストリザルト。レース後はリカバリーマッサージを受けた後は、そそくさと荷造りを終わらせ、レース当日の夜の便で次の目的地へ旅立っていきました。

<男子結果>

  • 1位 マリオ・モーラ(スペイン)スイムラップ 18:48 /T1 00:52/バイクラップ 57:36/T2 00:25/ランラップ 30:36 /総合記録 1:48:15
  • 2位 フェルナンド・アラルサ(スペイン)スイムラップ 18:42/T1 00:54/バイクラップ 57:45/T2 00:38/ランラップ 30:26 /総合記録 1:48:23
  • 3位 クリスティアン・ブルンメンフェルト(ノルウェー)スイムラップ 18:26/T1 00:56/バイクラップ 57:46/T2 00:35/ランラップ 30:44 /総合記録 1:48:26
  • 4位 ヘンリ・スクーマン(南アフリカ)スイムラップ 18:26/T1 00:53/バイクラップ 57:53/T2 00:23/ランラップ 30:56 /総合記録 1:48:29
  • 5位~12位  (省略)
  • 13位 ウィアン・スルワルド(南アフリカ)スイムラップ 18:32/T1 00:53/バイクラップ 58:30/T2 00:24/ランラップ 31:55 /総合記録 1:50:11

全ての結果はこちらをご覧ください。

世界ランキング

横浜大会の成績を反映し、世界ランキングがスクーマン選手は4位、スルワルド選手は8位にランクアップされました。(ITU世界ランキングはこちらをご覧ください)

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)